MENU

頭皮が透けてしまう!薄い毛で悩む女性の原因と対策方法

女性の頭頂部やつむじが薄くなるのは血行不良やホルモンバランスの影響、頭皮環境の悪化により、髪の毛が細くなったことや抜け毛による髪全体のボリュームダウンが原因です。
頭頂部やつむじが薄くなるつむじハゲは自分からは見えないので気付きづらいので、周りから指摘された時のショックは図り知れません。ここでは女性のつむじハゲに絞ってその原因と対策方法をお伝えしてきます。

 

 

女性の薄毛・つむじハゲの原因

頭皮,薄い,女性,薄毛
男性に比べて女性の毛が薄くなるにはさまざまな原因が重なっておきています。
これらが原因で髪の毛のハリやコシをなくしてボリュームのない髪の毛を作ってしまいます。

 

要因1:ホルモンバランスの乱れ

女性の髪の毛が加齢による変化を感じるのは血流が悪くなることと合わせて、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因のひとつに挙げられます。

 

女性ホルモンで知られているのが卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)ですが、これは女性らしい体つきや妊娠中や出産時などに大きくかかわるホルモンになります。
この中でも髪の毛を保つために働くホルモンがエストロゲンになります。

 

エストロゲンは20代をピークに徐々にその分泌量が少なくなってきます。その変化に伴って髪の毛がうねったり、癖が出てきたりするのが30代と言われています。
更年期の前後40代〜50代は薄毛や白髪が目立つ傾向があります。

 

要因2:頭皮トラブル

 

頭皮に合わないシャンプーを使い続けたり、ヘアケア用品を塗った後によく洗い流さなかったリすると髪の毛の土壌になる頭皮が乾燥したり、炎症を起こしたりするので、それが悪影響となり薄毛の原因にもなります。

 

フケやかゆみなどの体感でわかる反応があればそれは頭皮環境が悪くなっている合図です。

 

土壌をしっかりと作ることで太く丈夫な髪の毛を育てることができるようになります。

 

要因3:頭皮の血行不良

髪の毛は細胞から作られていて、必要な酸素や栄養素がたっぷりと行き渡るようにしていかないと髪の毛の元となる細胞分裂がうまくいかなくなり、丈夫な髪の毛に育ってくれません。
その重要な酸素や栄養素を届けるのが血液になります。

 

頭皮が傷ついていたり、乾燥していたり、毛穴に余分な脂が詰まっていたりすると十分な栄養を送ることができなくなります。

 

また、肩こりと同様に頭皮にコリがあると血流が悪くなりますので、頭皮マッサージなどで血液循環を良くすることが必要になります。

 

 

要因4:ストレス

抜け毛・薄毛の原因でよく言われているのがこのストレスです。科学的根拠は無いとされていますが、薄毛が気になり始める数ヶ月前には環境の変化や心配なことや極度のストレスを抱えている人が多くいることは事実です。

 

仕事の内容や人間関係、生活の変化によって感じるストレスもホルモンバランスや血行不良にも繋がり、薄毛の原因にもなってしまいます。

 

 

要因5:過度なダイエット

極端な食事制限によるダイエットをすると髪の毛の元となる細胞にまで栄養が届かずに栄養不良になってしまい、薄毛になってしまう場合もあります。
偏った栄養ではなくバランスよく摂取することが大切になります。

 

 

要因6:悪い生活習慣

睡眠不足や偏った食生活、過剰な喫煙や運動不足などが原因で頭皮環境や髪質にも影響をあたえてしまいます。

 

 

頭皮が透けてみえてしまう女性の薄毛 原因と対策

 

頭頂部は薄毛になると一番分かりやすい部位なので、頭皮が透けて目立ってきた時に不安になりますよね。
また、つむじは自分では見えない所だからこそ、「私のつむじは大丈夫かしら。みんなに笑われていないかしら。」と心配になってしまいますよね。

 

男性に比べて女性の薄毛の原因はさまざまな理由が重なっていることが多いので、現状では女性が薄毛になる原因は100%の解明が出来ていません。

 

ですが、病院やクリニックでも言われている原因と対策について書きますので、当てはまっているところは出来る事から対策をすることをおすすめします。

 

 

生活習慣を見直そう

 

つむじハゲは生活習慣の乱れから薄毛になっていくことが原因として考えられています。

 

頭皮や髪の毛だけでなく身体全体の調子を整えることで薄毛の改善にも繋がっていきます。

 

髪を育てる栄養素をバランスよく摂取しよう

 

タンパク質

髪はタンパク質で出来ているので、良質のタンパク質をとることが必要です。この良質のタンパク質は食品からしか摂取できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいるものをいいます。

 

たんぱく質には植物性たんぱく質と動物性たんぱく質があって、植物性は動物性に比べると体内での吸収率が悪いと言われています。
なので、大豆などの植物性タンパク質だけでなく、肉や魚などの動物性タンパク質をしっかり摂ることで必須アミノ酸をバランスよく摂取することができます。

 

ミネラル類

タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素の代謝などに欠かせない栄養素です。
<亜鉛>
髪の原料となるたんぱく質の代謝に不可欠な要素で不足すると髪の毛の元となる細胞分裂がスムーズに進まなくなります。
<鉄>
鉄が不足してしまうと皮膚の粘膜や髪の毛にとってマイナスの栄養を与えます。
<銅>
メラニン色素の合成に欠かせない栄養素です。

 

 

ビタミン類

 

抗酸化ビタミンのほかに髪に重要とされているのはビタミンB群です。ビタミンB1やビタミンB6はたんぱく質の代謝に関係があります。
ビタミンB2は髪の毛などの細胞の再生をサポートしてくれるので、発育のビタミンとも呼ばれています。

 

ビオチン(ビタミンH)はエネルギー代謝にもかかわっているので、不足すると血流に悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

 

抗酸化成分

 

活性酸素を除いてくれる抗酸化成分は植物に含まれる香り成分や臭い成分などの総称です。
βカロチン、ビタミンC、ビタミンEは代表的な抗酸化ビタミンです。
この他にトマトに含まれているリコピンや緑茶に含まれているカテキン、ベリー類に含まれているアントシアニン、大豆のイソフラボン、ゴマに含まれているゴマリグナンなどが知られています。

 

 

質の良い睡眠をしよう

 

質の良い眠りは心と体にとっても大切ですが、髪にとっても重要なことです。
睡眠は深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠の2種類あって、睡眠中はそれが交互にあります。

 

  • レム睡眠:カラダは休んでいるけれど脳波寝ていない。
  • ノンレム睡眠:脳波休息状態。

 

それぞれの睡眠がスムーズに切り替わるのが質の良い睡眠になります。
眠り始めて1時間半後くらいのノンレム睡眠が髪に関係する成長ホルモンが一番活発になります。眠っている間に髪の毛がせっせと作られている訳です。
また、髪の毛の元になる細胞分裂が一番活発になるのは午後9時頃がピークで髪が成長するのが午後10時〜午前2時と言われています。
これはシンデレラ時間を言って、髪にとってもお肌にとっても、代謝にとっても最適な時間になりますので、「日付が変わる前に就寝」を心がけましょう。

 

 

日常生活でストレスを溜めないようにしよう

 

女性がつむじハゲになる原因の一つにストレスがあります。ですが、薄毛になったからそれがストレスになっていることも考えられます。その場合、できるだけストレスを軽減する方法を選ぶようにしましょう。

 

1.笑顔をわすれない

つむじハゲや薄毛で悩んでしまうと無意識のうちに表情が硬くなってしまいます。笑えない時は無理はせずに口角を上げるだけでもOKです。

2.一人で悩まない

女性が髪の毛で悩む時は家族にも相談できない程辛いものとして抱え込んでしまいがちです。
一人で悩まずに話すことで気持ちが軽くなることもあります。相談する人は利害関係なく、口が堅い人がベストですね。
ストレスを溜めやすいと感じている人は尚更抱え込まないようにしましょう。

 

3.自分の時間をもつ

いつも精一杯頑張っている人ほどぼっーとするひとりの時間を持つことが大切です。
好きな喫茶店でゆっくりとお茶を飲んだり、映画を観たり、上手に自分のガス抜きをすることで気分転換になって心の重荷を軽くしてくれます。

 

4.規則正しい生活をする

不規則な生活を送っているとホルモンバランスが崩れやすくなります。
特に女性は毎月生理があるので、それでなくともバランスが崩れやすい日があります。
とてもデリケートな心と身体を持っていることを自覚して、規則正しい生活を送るように心がけていきましょう。

 

アルコールやタバコはほどほどに

 

過剰なアルコール摂取やタバコもつむじハゲや薄毛の原因になってしまいます。
特にタバコはニコチンやタールの作用で毛細血管が収縮して抹消の血流が悪くなってしまいます。
喫煙する人で冷え性が多いのはこの為とも言われています。
血液が頭皮への酸素や栄養素を運ぶわけなので、その流れが悪くなれば髪の毛にとってマイナスな要因になってしまいます。

 

髪に負担のかからない髪型にする

 

ずっと髪に毛を縛っていたり、スタイリング剤を大量に使ったりすることを繰り返すと無理に作ったヘアスタイルの為、頭皮の血流が悪くなり髪や地肌を傷めてしまいます。

 

また、長時間エクステンションを付け続けるにも毛穴にかなり負担をかけます。

 

頭皮環境を正常にしよう

 

頭皮環境を正常にすることで髪の毛の元になる細胞が活性化して、薄毛の原因となる抜け毛を予防することが出来ます。
では頭皮環境をどのように改善すればよいのでしょうか?

 

頭皮と髪に優しいシャンプーを使おう

 

自分の頭皮に合ったシャンプーを使わないと頭皮にいつも炎症を起こしていたり、頭皮ニキビ、フケなどの原因を引き起こしてしまいます。
頭皮が脂っぽいからといって洗浄力の強いシャンプーを使うと必要な皮脂まで剥してしまうので、逆に皮脂の分泌が過剰になってしまう悪循環を引き起こしてしまいます。

 

大切なのは地肌を髪に優しいシャンプーで余分な皮脂を落としてくれるもの。それにはスカルプケアシャンプーがおすすめです。

 

ドライヤー時の抜け毛が気になっていたので、使い始めてみました。使い始めて直ぐに効果はありませんでしたが、2ヶ月くらい経った頃から少しづつ抜け毛が減ったように思います。
以前は頭皮ニキビが良く出来ていたのがそれもなくなってきました。

 

シャンプーの方法を見直そう

 

シャンプーは髪を洗うのではなく、皮膚の頭皮を洗うものです。頭皮は代謝が活発なので、皮脂分泌や汗腺の働きも盛んです。
頭皮の汚れや余分な皮脂を落として清潔に保つことがシャンプーの目的です。
髪の毛の汚れの大半はお湯で洗い流すことで多くは落ちるといわれています。

 

シャンプーを付けてからゴシゴシと無理やり洗う必要がありません。

 

シャンプーの手順1.ブラッシング

頭皮,薄い,女性,薄毛
シャンプー前にブラッシングでほこりやゴミ、髪の毛の絡みをほどいておきます。
この時、無理やりブラッシングしないようにしましょう。

 

シャンプーの手順2.たっぷりのお湯ですすぐ

シャンプーの前にたっぷりのお湯で頭皮と髪の毛をすすぎます。
濡らすのが目的ではありません。ホコリとゴミを取り除くようにすすぎます。

 

シャンプーの手順3.シャンプーを泡立てる

手ぐしで髪をすすいだら、シャンプーを手のひらに取って泡立てます。髪の毛に直接シャンプー液を付けてゴシゴシ擦ってしまうと余計な摩擦が生じて頭皮の負担になってしまいます。

 

シャンプーの手順4.洗う

襟足から徐々に上の方向へ頭皮をマッサージするように洗います。
襟足から後頭部、側頭部、頭頂部、前頭部、生え際の順番に洗い残しがないようにします。
この時、爪をたてないように指の腹を使って密着させて動かすようにします。

 

シャンプーの手順5.すすぐ

シャワーは下から上に向かって毛の流れに逆らうようにすすぎます。
シャワーを頭皮に当てて手のひらでためたお湯に頭皮を浸す”ためすすぎ”ですすぎ残しを防止しましょう。

 

髪を乾かす方法を見直そう

 

髪を洗った後、濡れっぱなしのままでいるのは頭皮環境を悪くしてしまう原因になります。余分な水分は出来るだけ早く取り除くことが重要です。
誰しも頭皮に常在菌を持っていますが、濡れたままでいるとその数を増やしてしまったり、細菌の活動を活発にしてしまいます。
そして、濡れたままでは髪の毛のキューティクルが開いたままになるので、髪へのダメージにもつながります。

 

髪を乾かす手順1.タオルドライ

タオルドライをきちんとするとそれだけドライヤーの熱に髪の毛が触れる時間を少なくできますので、髪へのダメージを軽減できます。
手のひらで髪の毛を挟んで毛先の水を切ったら、乾いたタオルで髪をはさんでポンポンと優しく拭き取るようにします。
ゴシゴシしてしまうと髪の毛のキューティクルが傷ついてしまうので、やらないようにしましょう。

 

髪を乾かす手順2.ドライヤー

ドライヤーは10センチ〜20センチ離して乾きにくい髪の毛の根元から風をあてるようにします。
何度もいいますが、キューティクルが傷つきやすい状態になっているので、ブラシなどはつかわずに手で立ち上げるように内側から乾かします。
髪の毛が長い人は髪を持ち上げて根元を立ち上げるように風を送るとセットするときにボリュームが出やすくなります。

 

頭皮環境を改善するには育毛剤が大切

 

頭皮に栄養を直に届けるには育毛剤が効果的です。
男性とは薄毛になる原因が異なりますので、必ず女性用の育毛剤を使うようにしましょう。
最近の育毛剤はパッケージも華やかで自然な植物の香りが多いので、抵抗感はないものが多いです。

 

 

頭皮の血行不良改善には頭皮マッサージがおすすめ

 

育毛剤と一緒に是非取り組んで欲しいのが、頭皮マッサージです。
頭皮の血液循環を良くすることで酸素と栄養を頭皮全体に行き渡らせ、髪の毛の元となる細胞にも浸透させることができます。

 

※必ず髪の毛が乾いている状態で行うようにしましょうね。

 

頭皮マッサージ1.首の後ろから頭頂部へマッサージ

指先でなく、指の腹を使って地肌ごとゆっくりともむようにマッサージします。頭頂部に向かって少しづつ指をずらしながら行います。

 

頭皮マッサージ2.耳の上から頭頂部へマッサージ

ここは頭皮マッサージの中でも一番重要な部分です。耳の上の側頭部に手を当てて、指は地肌につけたまま頭頂部へ引き上げるようにマッサージをします。耳の上の頭皮は頭頂部に比べて可動性があるのでしっかりともみほぐすようにしましょう。
始めのうちは少し痛みを感じるかもしれないので、ゆっくりと引き上げてマッサージしてくださいね。

 

頭皮マッサージ3.こめかみから頭頂部へマッサージ

生え際から頭頂部へ向かってゆっくりと指を押し上げるように行います。あまり強く押さないように気を付けましょう。

 

 

頭皮が透けてみえてしまうつむじハゲは脱毛症が原因かも知れません

 

ここまでに解説してきたもの以外も頭皮が透けてみえてしまう薄い毛のつむじハゲの原因があります。
出産後の脱毛など一時期のものはホルモンバランスが整えば次第に髪の毛も生えそろってきます。

 

1.びまん性脱毛症

女性の薄毛の中でもっとも多いタイプです。つむじハゲもびまん性脱毛症であることがほとんどです。
特徴としては生え際が後退するのではなくて、頭髪全体が薄くなってしまい、脱毛の境目がハッキリしないことが挙げられます。
原因は老化、ストレス、極端なダイエット、間違ったヘアケアなどさまざまあります。

 

2.分娩後脱毛症

妊娠後期には女性ホルモンが増加するので抜け毛が減少しますが、出産後のホルモンバランスの変動によって髪の毛が一斉に抜け落ちる現象です。
女性ホルモンのバランスが落ち着けば次第に髪の毛が生えてきます。

 

3.牽引性脱毛症

長時間にわたって髪の毛をキツく縛ることで頭皮へ負担が掛かり、その部分だけ抜け毛になることがあります。
分け目や強く引っ張る部分に起こるので適度に分け目を変えたり、頭皮に負担が掛からない髪型にするようにします。

 

 

4.円形脱毛症

髪の毛の元となる細胞を敵を間違って判断してリンパ球が攻撃してしまう自己免疫疾患の一種です。
ストレスとの関係がいわれますが、科学的根拠はありません。

 

5.脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌によって頭皮に炎症が起きて脱毛してしまう症状です。
対処方法としては脂質の少ない食生活と過剰な皮脂を取り除く正しいシャンプーを使って頭皮を清潔な状態に保ちます。

 

6.ひこう性脱毛症

フケが毛穴をふさいでしまうことで炎症が起きて、髪の成長が出来なくなる状態です。
シャンプーのし過ぎによって必要な皮脂まで奪われてしまったのが原因です。

 

今すぐつむじハゲを隠したい時の対策

分け目が気になる

長時間同じ分け目にしていると、どうしても同じ場所に負担がかかってしまい脱毛を起こしやすくなります。
特にロングヘアの人はショートに比べて髪の重みが加わるので余計目立ってしまいます。

 

分け目は正面からまっすぐ後ろに引いてしまうと目立ってしまうので、斜めに分け目をとって正面から見えないようにするといいですよ。

 

ショートカットの場合は分け目を作らない髪型にすると白髪や薄毛が目立たなくなります。

 

 

ドライヤーでつむじハゲを隠す方法

 

頭頂部の薄毛が気になる場合はドライヤーを使って隠す方法が2つあります。

 

1.ドライヤーの熱でボリュームアップ

頭頂部の髪の毛をブラシに巻き付けて根元にドライヤーの熱をあてると根元が立ち上がります。最後にトップを軽くブラシで整えてふんわりさせるようにします。この時、押さえつけないように注意してくださいね。

 

2.太めのカーラーを使う

ドライヤーが面倒な場合は頭頂部の気になる場所に太めのカーラーを巻いて20〜30分置くと自然なボリュームが作れます。

 

美容師さんに相談する!
美容師さんによると薄毛で悩む女性はかなりの数に上っているそうです。カットの仕方ひとつでもボリューム感のある髪型にもできるとのことです。
行きつけの美容院で気になる部分がボリュームアップしてみえるヘアスタイルにできないか相談してみるのもいいと思いますよ。

 

まとめ

 

ここまで頭頂部のつむじハゲの対処方法を中心に解説してきました。
日常で改善できるヒントが一つでもあったのなら今日から是非実践してみてくださいね。

 

昔のCMであったように髪は女性の長い友達です。いつまでも若さと美しさを保ってくれるように髪(友達)をいたわっていきましょう。